• ホーム
  • ダイエットに効果的な呼吸法、ドローイングとは

ダイエットに効果的な呼吸法、ドローイングとは

2020年01月02日

ダイエットの方法は様々にありますが、中には、少し変わった方法で体を引き締める方法があります。
その1つが呼吸法です。
呼吸だけで体を引き締めるというのは一見、おかしな話のように思えるでしょう。
しかし、呼吸をするにも様々な筋肉を用いますので、やり方によってはダイエットに効果的な方法になるのです。
ダイエットに使える呼吸法として、日常的に気軽に取り組める方法に、ドローイングがあります。

ドローイングとは、腹式呼吸の要領でお腹をへこませる呼吸法になります。
腹斜筋や腹横筋を鍛える効果があり、たるんだお腹を引き締めるのに有効な呼吸法です。
お腹のたるみを解消するには腹筋運動を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、腹筋運動で鍛えられるのはお腹の表面にある腹直筋であり、お腹の引き締めには実はあまり効果がありません。
お腹を引き締めるには、ドローイングでお腹のその奥にある腹斜筋や腹横筋を鍛える必要があるのです。

ドローイングのやり方は簡単で、まずはお腹に手を置いて、お腹でゆっくり息を吸い込みます。
吸い込んだ時、お腹が膨らんでいれば腹式呼吸ができている証です。
次は同じ様にゆっくりと息を吐いていきましょう。
お腹がへこんでいくのがわかれば、ドローイングができている証になります。
息を吐ききったら、へこんだお腹を維持しましょう。
呼吸は浅くして、へこんだお腹をできるだけ維持し続けます。

立っていても、座っていても、寝ていてもできる手軽な呼吸法ですから、暇を見つけて実践していきましょう。
最初は10秒続けるのがやっとかもしれませんが、続ける内に20秒、30秒とドローイングの状態を維持できる時間は長くなります。
1分以上維持できるようになれば、効果が出始めるでしょう。